IMUNO

MENU

香水T.P.O No.1とクイックお手入れ

2018/06/22お知らせ (information)

こんにちは。葉子です。

ついに、香水市場が日本でリアルに幕開けになります。

資生堂クレ・ド・ポーさんのブースに行ってみてください。

どうやって、香水を纏うのか?ムエット(試行紙)に直接吹きかけるのではなく(こんなところで、扇形に広がるかどうかを確認するというお客様がいるとかいう情報も聞きましたが、今の化粧品メーカー香水メーカーできちんとした値段で買う噴霧器はほぼきれいに扇形に広がります。。。w)、

それよりも。。大事なのは、

噴霧した香水の霧の中をくるくるとムエットに纏わせます。

このやり方を見たのは不勉強だったのかもしれませんが

私が日本で香水を買うにあたり、東京大丸本店資生堂クレド・ポー・テ シナクティフシリーズの香水を試させていただいた時が、初めてでした。

さらに、この香水はどこかの場所を想起させます。という、行ったことないからそこの空気ことはしらないよw?というような説明ではなく、どういうお花が配合され、どんな気持ちにさせようと思って丹精込めて作ったか??どんな風に使うのか?を説明してくださいます。

先に始めましたね~というよりは、1社じゃ突破できないところ、

大、大先輩ありがとうございます!の感じでした。

霧吹きしたところに自分のつけたい部分をくゆらせる、しかも、ビジネスシーンでは、足元や太もも、ジャケットの裾に一回吹きかけるだけでちょうどいいくらい。

手首にバシッとつけて、耳の裏と首元になどという売り方は

香水が香害と日本が他の惑星になる元凶、、、と思っていたので、

是非、シナクティフシリーズのところに行ってみていただきたいものです。

葉子

 

Contact

Copyright © 2018 IMUNO All Rights Reserved.